2008年02月26日

腰痛と併発しやすい肩こりの原因を考える

スポンサードリンク


 腰痛と併発しやすい、肩こりについてこの記事では考えてみたいと思います。肩こりのばあいも、その治療にあたってに欠かせないのは、自分の身体を知るということだと私は考えています。腰痛治療と同様、ただマッサージ店や、整体院、整形外科などの治療院に行くことだけが肩こりの治療ではない。のです

 肩こりの原因について考えてみましょう。

 肩こりに大きな影響を与えているのは、第一に肩甲骨があげられるでしょう。実は肩甲骨と腰部の骨盤とのあいだには密接な関係があるんです。


 左右の肩甲骨は骨盤の動きと連動して、閉じたり開いたりしています。骨盤が閉まると左右の肩甲骨の間隔が狭くなり、骨盤が広がると左右の肩甲骨の間隔が広がる、というわけです。

 ご存知かもしれませんが、肩甲骨は肩こりだけではなく目の疲れと密接な関係があるので、目のつかれを覚えているひとにも読んでいただきたいと思います。

 肩こりに関係する筋肉は三角筋と僧帽筋の二種類です。僧帽筋は三角筋の働きを助けるために肩甲骨を安定させるはたらきをしています。この三角筋と僧帽筋などの肩甲骨周辺の筋肉が緊張するとたちまち肩こりを感じるようになる、というわけです。

 そこでできるだけ肩甲骨回りの筋肉をゆるめることが大事になってきます。

 筋肉をゆるめる方法はいろいろありますが、簡単なストレッチや気分転換などの休息をとる事で充分に回復するものです。基本的にその都度対応をしていれば、肩こりはこじれることはありません。筋肉は使った後が一番緩む性質があります。ほどよく肩甲骨を使い、あとはリラックスすることが肩こり予防には最適な治療法でしょう。


 また、肩甲骨と骨盤のつながりを利用して、腰痛治療にもやくだてることができるのです。「左右の肩甲骨を寄せる」こう意識するだけで、姿勢は見違えるほどよくなり、骨盤のゆがみも解消していき、その結果、腰痛治療につながることもあります。

 腰痛と肩こりが併発しているばあいには、肩甲骨を寄せることを意識し、肩甲骨まわりの筋肉のストレッチをやってみるようにおすすめいたします。
posted by あいたた at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛以外の体ケア法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11445396

この記事へのトラックバック